top of page

法人向けChatGPTサービス「ChatSense」、企業向け「ビジネス」プランにてコードインタープリター機能をリリースへ。プラン料金は据え置き。セキュア環境でGPTを利用

ナレッジセンス

2024年2月27日

ChatSenseは、企業向け料金プラン「Business」プランについて、「コードインタープリター」機能をリリースいたします。

株式会社ナレッジセンスは、セキュアな環境でChatGPTを活用できる、法人向け・企業向けのChatGPTシステム「ChatSense(チャットセンス)」を提供しております。ChatProは、企業向け料金プラン「Business」プランについて、「コードインタープリター」機能をリリースいたします。これまでのビジネスプランと違い、通常のGPT-3.5/GPT-4モデルに加えて、コードインタープリター(Code Interpreter)機能を利用することが可能です。ビジネスプランは企業規模が大きな企業から中小企業まで、さまざまな法人で柔軟に利用・運用が可能なプランであり、最も人気のプランです。すでにビジネスプランを導入している200社以上の法人でコードインタープリター機能が利用可能になる予定です。ChatProの詳細はこちら。


https://chatpro.jp/?utm_source=68

「大企業の知的活動を最速にする」をミッションとする株式会社ナレッジセンス(本社:東京都中央区、代表取締役:門脇敦司、以下ナレッジセンス)は、当社が提供する法人向けチャットGTPサービス「ChatSense」について、人気の料金プラン「ビジネスプラン」にて新しい機能である「コードインタープリター」を提供予定であること発表します。

法人向け ChatGPT ビジネスプラン

本日(2024年2月27日)より、一部の顧客にβ版を提供開始し、4月以降正式提供する予定です。β版の利用をご希望の場合、お問い合わせください。https://chatpro.jp/?utm_source=68


■ 背景 ― 「法人向けChatGPTサービスでも、コードインタープリターは使いたい」

ChatGPTは、まるで人間のように自然な会話が可能なAIチャットボットです。ナレッジセンスの提供する企業向けChatGPTサービス「ChatSense」においても、直近の数ヶ月で益々の引き合いをいただき、東証プライム上場企業を含む、大手企業等200社以上の法人で導入いただいております。

しかし、導入企業さまのお話をお聞きしている中で、「単に素のGPT-4だけではなく、OpenAIのChatGPTサービスにあるようなコードインタープリター機能(※)も利用していきたい」というお声を多くいただきました。コードインタープリター機能とは、会話文命令することでPythonコードを実行し、結果を得てくれる機能です。コードインタープリターを利用することで、数的なタスクやエクセルの分析など、素のChatGPTが苦手な分野を補うことができます。ChatProでは、これまでも、既存の980円の企業向け「ビジネス」プランにて、素のGPT-4モデルの利用は可能でしたが、コードインタープリターを利用することはできませんでした。この度発表するコードインタープリターは、ビジネスプランの機能の一部として利用可能になる予定です。また、当面は料金据え置きになる予定です。

※OpenAIによるコードインタープリター機能は現在「Advanced data analysis」と改称されておりますが、中身は同じものです。


■ 新機能「コードインタープリター」について

法人向け chatgpt コードインタープリター

1.コードインタープリターを利用でできること

  • 日本語で指示するだけで、プログラミングコードの生成・実行が可能

  • ファイルのアップロードと、そのファイルを対象にした処理が行なえる

  • ファイルの生成。Pythonで処理したワード・エクセル等のファイルを出力できる

  • 分析データの可視化。Pythonのライブラリを利用してグラフ等の可視化が容易に可能


2.ビジネスプランの料金は据え置き予定

これまで、通常プランである「ビジネス」プランは、素のGPT-3.5/GPT-4が利用できるプランでした。この度新しく発表する「ビジネス」プランの新機能「コードインタープリター」では、一定の利用具合まで定額(ビジネスプランの料金範囲内)で利用可能、それ以降従量課金という料金体系になる予定です。


ChatProの導入など詳細は、以下のページを御覧ください。

https://chatpro.jp/?utm_source=68


■ 法人向けChatGPTサービス「ChatPro(チャットプロ)」とは

「ChatGPT」は、2022年秋に米OpenAI社がリリースした大規模言語モデルの一種です。ナレッジセンスが提供するChatSenseとは、セキュリティを強化した形でChatGPTを利用しつつ、コスト面でも優位性のあるサービスで、法人・自治体の業務効率を向上させるサービスです。以下の特徴がございます。

法人向け ChatGPT サービス

1.チャット内容をAIの学習から守る機能

エンタープライズプラン、スタンダードプラン、無料のスタータープラン、全てで利用可能な共通の機能です。


2.プロンプトを社内共有できる機能など、豊富な独自機能

通常のChatGPTには見られないビジネス向けの機能が特徴です。他にも、メンバーの一括管理機能、フォルダ&ドラッグ整理機能など、日々アップデートを重ねており、そのほとんどが、無料プランであっても適用されています。


3.ChatProは初期費用が無料、最低利用期間の縛りがない

「使ってみないとわからない」という企業のみなさまの気持ちに応えるため、導入のハードルをなるべくさげ、無料で利用可能な範囲を大きく広げています。


■ ナレッジセンスについて

ナレッジセンスは、企業のDXを加速し、あらゆる社員の生産性を向上させるため、法人向けChatGPTサービス「ChatSense」・事業コンサルティングを提供しています。ChatProだけでなく、生成AIに関する複数のサービスをリリースし、グローバルのユーザーに提供している実績がございます。ナレッジセンスでは、生成AIを活用して社員の業務効率を加速したい企業からのご相談をお待ちしております。

https://knowledgesense.jp/


ナレッジセンスは、生成AIを利用して社員の生産性を大幅に向上させ、デジタルトランスフォーメーションを推進するための活動に尽力して参ります。


以上


■ 会社概要会社名:株式会社ナレッジセンス本社:東京都中央区八重洲2丁目8-7 福岡ビル6階代表者:代表取締役CEO 門脇 敦司

設立: 2019年4月10日

事業内容:

・「ChatSense」および生成AIテストサービス「Ozone」などの企画・運営

・生成AIを活用したDX戦略コンサルティング

・社内外向けのソリューション開発

https://chatpro.jp/?utm_source=68



本文中に記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

bottom of page